きつねのよめいり

猫と音楽と絵と時々男の料理

カテゴリ: つれづれ

神社のほうから、ガランガランと鈴を鳴らす音がした数秒後、子供の声で「あ~ああ~」。
気持ちはわかるけど。

* * * * *

暑くてもひなたぼっこをし、ホッカホカになって戻ってくるなり、涼しい床の上にドタンと倒れるように寝っ転がるアズキ。

nobi3

nobi

nobi2

かわいい肉球をクローズアップしたら、思いのほか毛だらけ。

ゆっくり慎重に閉めつつある引き戸に誤って自分の指を挟むなどしたのは、疲れているのかもしれません。

* * * * *


mine
蹴りぐるみを独り占めして座布団にも片足かけてご機嫌な最中、なぜか一瞬みせた不機嫌そうな顔。

だいぶ外の緑が濃くなってきました。

green
 
green2
 気持ちいいねぇ

* * * * *

orange
 いけると思って小さいお皿を使ったのですが、なんとなく過積載な感じに。

高校時代の友人の結婚式に、京都まで行ってきました。
生まれてから群馬を出たことのなかった友人が、京都に嫁ぐと聞いた時は本人も不安そうで少し心配したのですが、幸せそうでよかったです。
しかしながら、学校の先生をやっていた彼女の元同僚の「彼女の退職は、群馬の教育界における大きな損失」というのはたぶん本音。 落ち着いたら、そして彼女が望むならまた教師をやってもらえたらうれしいなぁと思います。

* * * * *

DSC_0940

sippo
アズキはいい子で留守番しててくれました。玄関に走ってお出迎えに来てくれたものの、私が帰ってくるまでぐっすり寝てたみたいで、声があまり出てませんでした。
律義にお出迎えや出待ちをしてくれるのはうれしいけど、猫だから寝てていいんだよ。

荷台にチーターの絵が書いてあるトラックが走っていたのですが、絵の下にpantherと書いてありました。どっちだ。

* * * * *

takatobikomi
 アズキの高飛び込み風

このページのトップヘ