今年のグラミー賞を獲得したのは私も大好きなDixie Chicksだったようです。グラミー賞がどれだけのものか実はよくわからないのですが、すごそうなのでうれしいです。

 ブルーグラスをやっている人々には説明は要らないと思うのですが、彼女らはカントリー中心に活動するバンドで、ブルーグラスもたくさん歌ってらっしゃいます。2002年に出した"Home"という、ブルーグラスが色濃いアルバムが大ヒットし、日本でも一般のお店(カントリーパブ以外のお店)で流れるほどでした。普通にスーパーでバンジョーの音が聞こえました。思わず不要に長居したり。
 そのアルバムのナンバーはもともと反戦色が強いものが多かったのですが、当時戦争に向かうアメリカにおいてブッシュ大統領の支持率も高い中、彼の批判をしたがために、カントリー界ではだいぶいじめられたようです。ラジオで曲を流してもらえなくなったり、CDを何十枚も集めた上をトラックで轢いて潰したり。
 そんな彼女たちがまた表舞台で堂々と歌えているようで本当に良かったです。たぶん、彼女たちはずっと堂々としていたと思うのだけど、それをメディアも表に出さなかったし世間が認めなかっただけなのでしょう。こんなもんか。

 去年出したアルバムはブルーグラスっぽさは全く無い、カントリーの一枚でしたが、またブルーグラスやってくれないかなぁ、と思う次第です。なんだか大人びちゃった最近のものより、昔の土臭いブルーグラスのが好きなのです。楽器もまだあまりうまくないし(て言うと怒られそうだけど)リズムもめちゃくちゃだったりするけど、すごく楽しそうで、もちろん聴く側も楽しくて、大好きです。…当時はボーカルの人、今と違うんだっけ。