最近、病院に文鳥が入院していたのですが、その文鳥がたいへんかわいい桜文鳥でした。
 手乗りなので、手が近くに来ると条件反射的に乗ってくるのです。それだけでかわいくて仕方ないのですが、ケージの中から人を見つけると、出して出してと言わんばかりにうろうろしながら視線を送り続けてくるのです。
 彼は元気に退院していってしまいましたが、おかげさまで文鳥にほれてしまいました。

 ちなみに手に乗せてやると、真っ先に人のささくれを剥き始めます。結構痛いです。