年末年始と体調がよくありません。
昨日は昼間からひどい頭痛で起きられませんでした。
起き上がると痛いし気持ち悪いから、
トイレに行くだけでなにかやり遂げた気になりました。
生産的なことは何もしてないんだけど。

急に張り切って勉強しだしたからかもしれません。
なんかすでに、やればやるほどわからなくなってる気がします。
たぶん錯覚です。

* * * * *

 勢いよくロッキングチェアを揺らしていた教授はがばっと立ち上がり、
「どうだ、ちゃんとやってるか」
と言ってまたどこかへ行ってしまいました。
 このとき、なんか違和感を感じたのです。
 が、発表時間ということもあり、そんなことはすぐに忘れてまたいろんな人に説明をしていました。
 なかには、私が研究するに当たって、その論文を参考にした研究者の方もいらして、「ぜひ一緒になにかできたらいいですね」とまで言われて感激もしました。

 後に卒業論文の発表をして思ったのですが、やっぱり日本語で質問されるのはわかりやすいです。質問の意味もわかるし、質問している人が何を聞きたいかも汲み取れます。英語だといっぱいいっぱいでした。何を聞かれているかしかわかりません。それでもなんとかやったと思います。

 発表時間がわずかになった頃、説明をしていると、カメラのフラッシュが光った気がしてチラッと横を見ると、教授がいました。
 その時、さっきの違和感が何だったのかわかりました。
 日に焼けて顔が赤くなっていました。
 先生をしばらく会場で見なかったのは、つまり海に遊びに行っていたということで。
 あとで聞いたら先輩も一緒だったそうで、「先生は波打ち際の海草を食べてまずいと言っていた」そうです。

 そうこうするうちに無事、発表時間を終え、ポスターを片付けてしまいました。このあとも追い込みで実験することにはなるのですが、2005年の大きなイベントの一つがまた終わり、ほっとする一方寂しい感じです。

 ふと気がつくと日が傾きはじめていました。
 実はマウイに渡ってから、毎日夕方は曇っていて、夕焼けを一度も見ていなかったのです。 が、今日は晴れてる…

 というわけで、学会会場の庭にちょっと出てみました。

9025cbe0.jpg

 つくづく、いい場所でやってたなあと思います。