きつねのよめいり

猫と音楽と絵と時々男の料理

March 2011

playing3
おもちゃで遊んでいるうちに

playing2
カーテンから出たり入ったり

playing1
我に返ったようですが、何が何だか分からない感じに。おもちゃどこ行った。

* * * * *

アズキの体調は良くなってきました。おしっこもほぼ正常、処方食をもりもり食べ、よく寝てよく遊んでいます。


この数日は冬のように寒かったのですが、今日は久しぶりにぽかぽかでした。
すると暖房を入れていないのに、冷たい床に伸びる猫が1匹。

cooldown1

季節的にまだちょっと早いのではないでしょうか。
夏はどうする。

cooldown2
「夏の事は夏に考える」

nobinobita

地震のせいかどうか、わかりませんが。
23日、アズキが膀胱炎になってしまいました。尿中にストラバイト結晶がたくさん出てました。オス猫では珍しくない病気なのですが、珍しくないからといって楽観できる代物ではなく…。すぐに投薬と食餌療法を開始し、ようやく症状が落ち着いてきました。

体質によるところが大きいので、一生のおつきあいになりそうです。

本当は無病息災がいいのですが、ひとつふたつしょぼいハンディを抱えているくらいの方が健康に気を付けて過ごせるに違いない、と前向きに考えております。
ただアズキの場合は、
・大腿骨骨折(治った)
・お腹の中にいろいろ寄生虫(たぶんもう落ちた)
・猫風邪(後遺症で涙目)
・脚に角質嚢包(経過観察中)
・膀胱炎←NEW!
…と、ひとつふたつにとどまらないのですが。

neta
「知らね」

* * * * *

職場の近くの下手っぴウグイスは少し上達してきました。
まだ音程は怪しいですが、今朝は「ほー、ほひょ!」と元気に繰り返していました。がんばれ。

昨夜、久々に怖い夢を見ました。
山で千枚通しを持った人に追いかけられる夢でした。

起きたらアズキが胸の上で寝ていました。

onthebed

5kgの毛玉は重いです。

nobi

* * * * *

うちの周りのウグイスは上手になってきました。ガビチョウも負けずに鳴いています。沈丁花も咲いていました。春です。

余震はまだ続いていますが、アズキは震度2くらいでは動じないようで、すやすや寝ていることもしばしばです。ビビって体調を崩されるよりはよいのですが…。ちなみに震度3以上だとおろおろしています。

napsak

アズキの隣に見える、今までも何度か写っていたカラフルなモノ、実は非常時持ち出し用のリュックです。
今回は使わずに済みましたが、中に入っているヒト用の食べ物はだいたい期限が切れているので、少し落ち着いたら入れ替えをしなければ…。猫の非常食はちょくちょくチェックして、期限が来る前に入れ替えしているのですが。

morn

shoebox
最近靴箱の上がお気に入りです。

* * * * *

身の回りの野生動物たちは地震の影響も特に感じさせず、ちゃくちゃくと春の準備を整えつつあるようです。

職場に向かう山道を歩いていると、ウグイスのさえずりもよく聞こえてくるようになりました。
その中に、ものすごく下手なウグイスがいるのですが、私がこれまでに聞いたウグイスの中でも、トップレベルの音痴です。音程もリズムも調子っぱずれで、聴いているこっちに力が入ります。しかも、ウグイスといえば、声はすれども姿は見えず…というものなのに、彼はだいたいいつも同じ場所にいて、姿も丸見えです。

このダメダメな感じがとても愛おしいです。がんばれ。

地震から1週間、地震前と比べれば少しだけ不便な生活は続いていますが、幸い猫も人も体調を崩すことなく元気です。

情報は欲しいけど気が滅入りそうな映像が見たくなくて、テレビは消してラジオを聴いています。

washingmachine
洗濯機の上からこんにちは。

学生の時、先輩から頂き、もう10年使っていますがまだ元気です。
つくりが単純なものは丈夫です。もう少しと言わずお世話になりたいと思います。

それにしても、アズキでかいな。

* * * * *

kitchen

福島で被災した、後輩のマンドリン弾きから、ヒッチハイクで神奈川に帰ってきたと連絡がありました。本当によかったです。それにしても、ヒッチハイクとは…!

kitchen2

このページのトップヘ