きつねのよめいり

猫と音楽と絵と時々男の料理

August 2009

 台風が直撃しなくてよかったです。
 寒くてとうとう温かいカフェオレを作ってしまいました。北海道にいたころでは考えられません。
 大人になってすっかり膝に乗らなくなった猫も、今日は寒いらしく、距離がいつもより近いです。そしてさっきから顎だけ膝に乗せてきます。もっとこっちおいで?

* * * * *

 以前勤めていた千葉で保護したシャムっぽい子猫の「みげ」が私の友人に引き取られ、長野に引っ越してしばらく経つのですが、やがて「みげが黒くなった」との情報が入りました。写真を見たら、確かに顔の黒いところが明らかに拡大し、手足や尻尾の黒いところも増え、このまま黒猫になってしまいそうです。

 気になって調べたら、「シャム猫(のようにポイントカラーの猫)は、気温が低いところでは毛が黒くなる」とのこと。恥ずかしながら知りませんでした…。
 つまり、冷たい外気に触れている鼻先や耳、手足、尻尾だけ黒いというのもそういうことのようです。それでお母さんのおなかに入っていたときは全身まんべんなく温かかったから、出生直後は真っ白だったのか!と納得。

 子猫時代の写真がまだまだありました。

Before(7月)

2a4a19f0.jpg


After(10月)

53982971.jpg

変身しました。

* * * * *

 あずきの写真も見たくなって、色々探してみたら、出会ったころの写真とか出てきました。2?3月頃、当時はもうほとんど大人だと思っていたのですが、現在と比べると明らかに幼いです。

8de2db6a.jpg

89301f2e.jpg

寝相は一緒でした。

 最終的にこのようになりました。

3a1c4107.jpg


 もしくはこんな感じで使われています。

1752adcb.jpg

 それにしてもすごい格好。

 最近少し涼しくて朝晩気持ちがいいです。少し前まで、戸棚にしまっていたダースチョコがすべて融合したりしていましたが、そろそろ大丈夫そうです。

* * * * *

 大学の友人たちと久しぶりに会いました。就職したての頃はあまり変わらないなぁと思っていたのですが、最近になってだいぶみんな本人や取り巻くものが変わってきたような気がします。
 このまま世界中に散らばっても、気の置けない関係で時々会えたらいいなと思いました。

 明日は選挙だ。

 壊れました。

ee2b9724.jpg


 現在はこの写真より事態が進行し、蓋も側面もすべて取れ、もう箱ですらありませんが、しつこくその上で眠っております。

* * * * *

 夜になって急に秋の虫が鳴き始めるようになりました。もう秋がそこまで来ています。

 そんな今日は朝から涼しくて過ごしやすいと思っていたら、夕方になって突然の雷と豪雨が。職場はおんぼろなので落雷により停電しました。

 群馬を出てからあまり雷は多く経験していません。群馬はなぜか雷を前面に押し出してアピールするほどの雷の里でした。お米の名前もゴロピカリだし。
 中学生の頃、授業中課題が終わった生徒に「とりあえず雷でも見てろ」と指示を出した先生がいて、やがてみんな窓辺に並んで稲光を眺めていたことがあります。他のクラスの先生が心配して見に来ました。

 今日から岩見沢では札幌フェスのはず。嵐になっていないでしょうか。寒いでしょうね。
 夏なのに凍えて指が動かなくて、毎年カイロで手を温めてからステージに上っていたのを思い出しました。こっちではそんなことないもんなぁ。

* * * * *

 花火の音におびえてとりあえずベッドの上に駆け上がった数分後にはうとうと。

d7b55686.jpg




 この後、場所を変えて20×30×3cmくらいの狭い段ボール箱にぎゅうっと詰まって本寝に入りました。

de95de9d.jpg

 若干はみ出しました。

 とても気持ちよさそうに寝ていますが、これはベッドではありません。私の化粧箱です。

36f14eb5.jpg


* * * * *

 先日の帰省の際の写真を少しだけ。

e1891e25.jpg

 前橋の空。どちらを向いても山です。


9f480c46.jpg

 水戸の偕楽園にて。ほかに野鳥も色々いました。写真には映っていませんが、人にべた慣れの黒鳥やカルガモが餌をねだってアスファルトの上をぺたぺた歩いていて、水かきやけどしちゃうよ!とはらはらしました。


24a74547.jpg

 帰り道。茨城か栃木か群馬かわかりません。たぶん栃木。道中、両脇の風景は八割がた田んぼと山でした。残りの一割五分くらいが畑と山でした。

 こんな風景が大好きです。

このページのトップヘ