きつねのよめいり

猫と音楽と絵と時々男の料理

October 2008

 風邪がなかなか治りません。頭、というか眼が痛いです。

* * * * *

 ハロウィンですね。四季折々の季節を感じながらの生活はすごく楽しいと思うので、季節ごとのイベントは好きなのですが、ハロウィンは日本ではそんな日もあったっけ、という程度な感じがします。
 お盆みたいなものだから、別に日本で盛り上がることもないんじゃないかと思いますが、アメリカのハロウィンの盛り上がり方は、日本のお盆とは比べ物にならないテンションの高さだった気がします。他の欧米諸国はどうなんでしょうか。
 とりあえず、いつの間にか色んなものがきっつい蛍光色(オレンジ多め)に変身してました。パンとかケーキとか、これどうするの、食べるの本当に?何入れたらこんな色になるの?…と聞きたいことはいっぱいあるけどとりあえず黙らざるを得ない迫力でした。あと、人体の一部っぽいなんか気持ち悪いお菓子もでてくる。
 かぼちゃのランプ彫るのだって、日本人がナスで馬作るのとは比べ物にならない気合の入りようだし。

 これお盆じゃないですね。

66464c5b.jpg

 風邪を引いてしまいました。
 色々辛いですが、特に喉が辛いので飴を舐めてばかりいます。なので、たいしたエネルギーは摂っていないのに血糖値が上がってしまい、食事がいい加減です。

 休日でしたが休めず、ふらふらしながら公衆衛生のセミナーに参加。ダニが媒介する病気の講義(以外にもなんかあった気がする)でしたが、なにより講師の先生のダニへの愛情をひしひし感じました。スライドの背景もオリジナルであろうダニモチーフのデザインだったし。

 今の携帯電話を使い始めてもうすぐ3年になるのですが、このところ電池の減り方が目に見えて早くなってきていました。
 半年くらい前は、一日に何度か通話するともうだめ、という程度だったのですが、最近ではしっかり充電した直後でも一回の通話(10分くらい)でエネルギー切れを起こし、さらには一日数通のメールの送受信さえも怪しくなってきたので、どうにかなるまえに電池交換に行ってきました。
 これでちょっと安心です。

 帰宅したら、腕時計の電池が切れて針が止まっているのを発見しました。もう出掛けるの面倒くさいから来週までごめん、止まっててください…。
 だって、携帯の電池も時計の電池も、電車に乗って隣の駅(場合によってはもっと向こう)まで行かないと手に入らないんだもの。今住んでるこの町、駅から一番近い好立地のスーパーがぱたんとつぶれて、しばらくして新しいスーパーが出来たと思ったら、半年でまたつぶれるような町ですもの。マクドナルドもつぶれる土地ですもの。

 

 Dixie Chicksの演奏するLandslideという歌のプロモーションビデオをYouTubeで見つけて観ていたら、後半に唐突にどこでもドアが登場してびっくりしました。
 芝生の上に居たエミリーさんがドアを開けたら海(しかも水面)に到着していました。

 でも、なんでどこでもドア…

* * * * *

 うちのハクビシンは目を開けたまま寝ていることが多いです。半目開きとか生易しい感じじゃなくて、全開でぐっすり寝ているので怖いです。
 人間にもこんなやついるなぁ、と思いました。

 前回、ケーキを作るのに用いたりんごは今年初めて見た紅玉だったのですが、紅玉を見るのがそれっきりです。こんなに短かったっけ。
 代わりに、ではないですが、今日は店頭には実に色んな種類のりんごが並んでいました。りんごだけやたらの充実ぶりでした。
 
 あと、最近になってバナナが夜でも売り場に残ってます。

* * * * *

 秋も真っ盛りになってきました。と同時に夜鳴く虫の声が格段に小さくなってきました。彼らは秋、というより夏の終わりのほうが元気なのですね。

このページのトップヘ