きつねのよめいり

猫と音楽と絵と時々男の料理

December 2007

 いい事ばかりではなかったけれど、今年も無事終わりそうです。あと一日あるけれど…。
 来年から一人暮らしする弟へのお土産に、料理の本を買ってみました。生活力が全然無いので心配です。ご飯炊けるのか。

 来年も良い年にしようと思います。

 朝、目覚めたら、普段ベッドの上かバンジョーの上に鎮座している寝室の主が、床に転がっていました。

5518afcc.jpg
(よくも落としたな…)

そういえば夜中になにか落ちる音がしたような…

* * * * *

 電車を乗り継いで、片道約4時間かかる実家と現在の居住地とを、徒歩30分で帰省する夢を見ました。

 途中で映画館の横を通りがかったのですが、この映画館というのが数年前からたびたび夢に出てきます。実在する、あるいはどこかで見たことのある映画館ではないと思います。少なくとも、記憶には無いです。
 何度も繰り返し夢で見るので、少しずつ全容が見えてきました。古きよき昭和の風情をまとった全体的に茶色っぽい、木造か石造りかはわからない地上1階建ての建物で、入り口のドアがあちこちにあり、それぞれの部屋で違う映画をやっているようです。一部のドアは地下に通じており、地下は迷路のような通路になっていました。オレンジ色の光のガラスのランプが灯っていて、昼間でも夜のような、不思議な空間でした。
 
 夢判断とかしたら面白そうですが、一体何なのか。そもそも、映画をほとんど見ないので、映画館は特に思い入れが有る建物でもないのですが…。

 突発的に、トルマリンゴの練習をしました。途中ぐだぐだなクリスマスジャムも交えつつ。
 ふたり、というのは思った以上に気が抜けなくて、一曲弾き終えると何かやり遂げた気分と疲労感に襲われるのですが、その緊張感は嫌いではありません。
 久々の練習で、昔の曲とか弾きたくなったので、音源を引っ張り出して聴いていましたが、聴いているとバンジョー弾きだましいがむくむくと起き上がってきて、他のことが出来なくなりました。ながら勉強はもちろん、年賀状の宛名もかけませんでした。
 時間がない、せわしないこの時期、一般的には優先させるべきは勉強とか年賀状の方なんだろうけど、今日ばかりはそんな世知辛いことどうでもいいじゃない、と思いながら音楽に浸かります。

 こんなの久しぶりです。

 やっと生活できるようになってきました。
 この部屋の主のトラは玄関を見張っています。見張りは主の仕事でいいのか。いいのです。

* * * * *

 はちみつを探していたところに、オレンジのはちみつというのを見つけたので買ってみました。"Honey of Orange Blossum"って書いてあったので思わず。。。

850ffbb9.jpg

 普段アカシアとか蓮華とかに馴染んでいるので、比べると独特の癖がありますが、カフェオレに入れたらわからなくなりました。色んなものに入れてみようと思います。
 年賀状書きや勉強のお供に、カフェオレ≒牛乳の消費量が伸びていきそうです。

* * * * *

 はちみつといえば、蜂蜜入りの梅干、あれは苦手です。煮魚を作るときに普通の梅干を入れたら、煮込むうちに塩気が全部煮汁に出てしまった、あの時の梅の味がします。

 ガスコンロなしの生活があと何日続くのかわからなかったり、部屋が寒かったり、冷蔵庫の中が寂しかったり、本棚がないので路頭に迷った本たちがごろごろしていたり、色んな手続きはこれから…などと、安定した生活にはまだ遠いですが、なんとか引っ越しました。歩いて仕事に行けます。
 まだ自分ちという感じがしなくて落ち着かないです。でも、窓の外が広い畑なので、窓際に座ると見えるものは空だけ。というところは気に入りました。

 この近所のスーパーでは魚売り場にて、あの魚の歌を未だ流していました。5年も前の水産追いコンで弾いたのがとても懐かしいです。ということは、ここのお店ではもう5年以上、毎日「さかなさかな…」が流れ続けているのでしょうか。売り場の人は大丈夫でしょうか。頭が痛くなりそうです。

このページのトップヘ