きつねのよめいり

猫と音楽と絵と時々男の料理

November 2007

 体調は悪いですが、いろいろあって休んでられない状況です。同僚から栄養ドリンクをプレゼントされました。
 栄養ドリンクといえば、バンドの録音会のときに必ず持っていって、一晩かけてちびちび一本飲む、という効くのか効かないのか全くわからない飲み方をしていました。
 だってあんまりおいしくないんですもの

* * * * *

 京成線にはかわいくない、むしろ気持ち悪いとしか言いようがないキャラクターがいるのですが、駅の改札にて、でかいかぼちゃにこれの目鼻口をつけたオブジェ?を拝見しました。言葉にして表せば「パンダを模したかぼちゃ」と、かわいらしいのですが、いかんせん顔が気持ち悪い、という一言に尽きるオブジェでした。
 しかも、「私は64キロです♪」というふきだし付きでした。

 かぼちゃは無理ですがパンダは京成線の車内あちこちにいると思うので、ご利用の際はぜひ探してみてください。

* * * * *

 この状況でインフルエンザのワクチンを打ってもらいました。今日は無理でしょ、と思い、予約しなおそうと電話してみたら、「ひどくなければOK」とのことで、それじゃ…と病院に行ってみたらそのまま打たれて帰ってきました。
 打っていいんだ。風邪引いてるのに。知りませんでした。

 うたれた腕は例年のごとくぱんぱんに腫れています。
 中学校でのツベルクリン検査の注射が尋常じゃなく腫れあがり、「感染してるんじゃ…」と疑われ、精密検査されたくらいですから。

 二年以上ぶりに、本格的に風邪を引いたかもしれません。たいへんくやしいです。

* * * * *

 郵便局に行ったら、椅子の上にちいさな猫が陣取っていました。
 
 最初、誰かが連れてきた猫なのかな?と思いましたが、飼い主らしい人はおらず。みんな「あらー」とか言いながら眺めたり、ちょっと触ったりして、自分の用事を済ませて出て行きます。
 私も待ち時間、我慢できずにちょっとだけなでなで…。
 なでると、もっとなでてと言わんばかりに体を起こしてすりすりしてきたり、かわいくにゃーにゃー鳴いてみたりするのですが、こちらがそれに応えないと、わりとあっさりあきらめてまた椅子の上で丸まります。
 白地にオレンジの縞ぶち、黄緑色の目のべっぴんでした。かなり小柄でしたが、この落ち着きようは子猫には思えず、むしろおばあちゃんだったのかもしれません。
 郵便局の人に猫のことを聞いてみようと思ったのですが、ものすごく忙しそうだったのでやめました。

 そして、狭い局内は結構混んでいたのに、椅子を占拠する猫に対しての苦情はなかったようです。なんたって猫だから。

 後輩の結婚式にはいけませんでした。が、きっと幸せで良いパーティになったことだと思います。おめでとう。遠くからお祝いしております。

* * * * *

 今日は職場に実習生が来ていました。なにごともなく実習を終え、帰りの電車を待っているときのこと、その事件は起きました。

 電車を乗り過ごし、ホームには私たち二人と、ベンチに座った酒臭いおじいちゃんが一人だけ。と、おじいちゃんが立ち上がってこちらに向かって歩き出したかと思うと、急によろけて、ものすごい勢いでバタンと倒れたのです。ドカン、という音とともに、頭から。
 一瞬状況判断ができずにフリーズしてしまったのですが、すぐに急いで駆け寄り、声をかけても反応がない…

 正直、ものすごくびっくりしたのですが(最初の10秒くらい自発呼吸してなかった…!)、今考えると不思議なくらい落ち着いて色々対処していた気がします。幸い救急車もすぐ来てくれて、その頃にはおじいちゃんの意識も戻っていたので、無事身元がわかってうちに帰れればいいなぁと思います。
 あとで実習生に「冷静でしたね」と言われましたが、これが身内だったらどうだったかしら、と思います。少なくとも、初めて経験するエマージェンシーが身内だったら、やっぱりすごく慌てるんじゃないかと。そういう意味ではいい経験を出来たのかもしれません。なるべくならもう経験したくないですが…。

 ちなみに小さい駅なので、その時間帯は駅員さんが一人しかいないらしく、改札を開けっ放しにして駆けつけてくれました。ご苦労様です、と言われたけどいやいや、むしろそちらこそご苦労様です。。。という気分でいっぱいです。当たり前のこととしてやっているのかもしれないけど、ありがたいことです。

* * * * *

 あと、救急救命士のみなさんの手際やチームワークがすごくよくて惚れそうでした。私が中学生くらいまでにこの光景を見ていたら、間違いなくそっちの道に進んでいたに違いないと思いました。 続きを読む

 昨日、最寄り駅の電車の発車の際のメロディが突然変わりました。携帯電話の着メロっぽい音質で、いまいちです。

* * * * *

 大学のサークルの定期演奏会だったようです。みんな思い切り楽しんだでしょうか。
 現在の生活における、生の音楽分が少なくって足りてません。聴きたいし、弾きたいです。

* * * * *

 部屋の中でメガネをなくしました。

 とらつぐみ、という鳥が来ています。学校の体育館に衝突したようです。模様がトラっぽいからとらつぐみです。

a8f258de.jpg

わかりづらいけど、なんとなく。
黄色と黒の模様なのです。

とらつぐみ、別名を鵺(ぬえ)といいます。妖怪の名前です。

 確かに、鳴き声が恐ろしいです。ドラマとかで、薄暗い雑木林や森に恐る恐る入っていって、突然鳥がギャーギャー鳴きながらばさばさ飛び立ち、「何だ鳥か…」…っていうようなシーンの、あの鳥の声です。ひらがなにしたらぎゃあ、としか表現できません。耳に残ります。
 鳴き声だけ聞いた昔の人が妖怪だと思ってたのも、理解できます。

* * * * *

6ba8f34c.jpg

「カントリーマアムにはしろあんが入っているのです」

このページのトップヘ