きつねのよめいり

猫と音楽と絵と時々男の料理

May 2007

昨夜見た夢です。

 自分は余命いくばくも無い状況で(原因は宇宙人と会ったことらしい)、そんな中知らない子供にたこ焼きを作ってあげるのです。
 作り方は生地をこねて手で丸めて球形に形づくり、小麦粉をまぶして天板に並べ、オーブンで焼くという方法でした。が、途中で小麦粉ではなく片栗粉をまぶしていたことに気付き、あっ、間違った…

というところで終わりです。

 

そもそもが間違っていることに気付いたのは起きてだいぶ経ってからです。

d1f2b563.jpg

 ワックスがかかっているかのようなぴかぴかの坊主頭の人を見ました。
 実際にワックスはかかっていないと思うのですが、ただ坊主にしただけで皮膚があんなに光るとは思えません。磨いたりするのでしょうか。

 どのようにして頭を光らせているものかとても不思議です。方法が思いつきません。誰か、知っている人はいませんか。

 野生の鳥はたくさんいるのですが、順調に育っているのはこの子だけになってしまいました。

43b50445.jpg

ムクドリです。

 小さな段ボール箱に入れて、人間の赤ちゃん用の保育器で保温して育てています。最近では人間≒ごはんと認識したらしく、保育器の前を人が通りかかると、箱からハト時計(もしくはびっくり箱)のごとく、びょこっと飛び出してきます。わかっていてもびっくりします。

5bad8e59.jpg

ムクドリなのでムックと呼んでいます。
もう1羽来たらガチャピンにします。

 病院では色々な電話を受けます。と言ってもほとんどは病院の診療時間や病気に関わる相談なのですが、今日は学校の先生から「にわとりの卵について教えて欲しい」との電話がかかってきました。生徒に教えるのでしょうか。多分そうだと思います。
 その先生は、へその緒の無い卵がどこから養分を得て育つのかということを知りたかったそうなのですが、卵が形成される際、「殻は最後に出来る」ということにたいそう驚いておられました。
 そんなに驚くことじゃないと思うのです。むしろ逆の方が不思議ですよ。手品みたい。

 夜にラジオを聴きながら寝ることが多いです(タイマー忘れてしばしば朝まで)。
 そしてゆうべ、ふと目が覚めたとき耳元で流れていたのは聞き慣れたビルモンローの声でした。慣れすぎていて、はじめはラジオとは思いませんでした。普通のFM局で、聴きやすい最近の曲に混じって、2曲だけビルモンロー。うち1曲はたしかBlue Yodel、やたら気持ち良さそうでした。 
 たまたまビルモンローのときに目が覚めたのか、ビルモンローの声に反応して目が覚めたのかわかりませんが、午前4時でした。変な時間に目が覚めて、しかもちょっと頭が働いてしまったものだからわりとしっかり起きてしまいました。普通に仕事で6時には起きないといけないのに。。。

このページのトップヘ