きつねのよめいり

猫と音楽と絵と時々男の料理

 今日は慰霊祭でした。
 北大獣医学部では動物慰霊祭というものを毎年秋、この時期にやっています。
実習や実験で命をいただいた動物、動物病院で治療の甲斐なく死んでしまった動物の冥福をお祈りする機会として、獣医学部が学部になる前(50年以上前?)から続いているそうです。

 私も実験で野生ネズミをたくさん犠牲にしているので、しっかりお祈りしました。



 獣医になるには、動物を殺さなければならない実習や授業が多々あります。私たちのジレンマでもあるのですが、たとえば実際に解剖して体の内部を見たり触ったり、外科手術の練習をしたりしたことがない人が突然獣医になって、人の大事なペットの命を預かれるかというと、無理です。飼い主の立場だったら私は嫌です。だからこそ、犠牲になる動物に対して「かわいそう」との思いはかえって失礼なんじゃないかと思っております。その命、無駄にせぬようたゆまず励むのが礼儀なんじゃないかな、というのをポリシィにやってきました。
 獣医の仕事って人間が自然や動物と適切に関わりあうための手伝いだと思います。獣医が人間である以上、動物さえよければ、というのは不自然です。基本は人間が快適に暮らすこと、そのうえでいかに周りの動物や自然とうまくやっていくか、その関係を持続させるかがテーマなんじゃないかな、と。人間が存在していることが今、現時点での自然なことなのですから。むずかしいなあ。

あぁ、なんか脱線してしまいました。

 今日は慰霊祭でした。
 北大獣医学部では動物慰霊祭というものを毎年秋、この時期にやっています。
実習や実験で命をいただいた動物、動物病院で治療の甲斐なく死んでしまった動物の冥福をお祈りする機会として、獣医学部が学部になる前(50年以上前?)から続いているそうです。

 私も実験で野生ネズミをたくさん犠牲にしているので、しっかりお祈りしました。



 獣医になるには、動物を殺さなければならない実習や授業が多々あります。私たちのジレンマでもあるのですが、たとえば実際に解剖して体の内部を見たり触ったり、外科手術の練習をしたりしたことがない人が突然獣医になって、人の大事なペットの命を預かれるかというと、無理です。飼い主の立場だったら私は嫌です。だからこそ、犠牲になる動物に対して「かわいそう」との思いはかえって失礼なんじゃないかと思っております。その命、無駄にせぬようたゆまず励むのが礼儀なんじゃないかな、というのをポリシィにやってきました。
 獣医の仕事って人間が自然や動物と適切に関わりあうための手伝いだと思います。獣医が人間である以上、動物さえよければ、というのは不自然です。基本は人間が快適に暮らすこと、そのうえでいかに周りの動物や自然とうまくやっていくか、その関係を持続させるかがテーマなんじゃないかな、と。人間が存在していることが今、現時点での自然なことなのですから。むずかしいなあ。

あぁ、なんか脱線してしまいました。

私が去年の夏実習させていただいた北九州市、小倉の動物園の獣医さんを私は心の中で勝手に師匠とお呼びしているのですが、師匠が今夜8時からの日曜ビッグバラエティという番組に出るそうです。
確かテーマが「名物かあちゃん」…。

確かに一児の母ではあるのですが、
かあちゃん…て感じではないです。

私にとってはお姉さんみたいな人で、弟しかいない自分にとっては「姉貴分」の存在ができたこと自体がうれしかったのですが、飾らない、でも本当に優しくてパワフルで素敵な方です。私が進もうと思っている世界に背中を押してくれた人でもあります。

会社、動物病院など3,4つの仕事+1年間の放浪生活の末、今の動物園の獣医として働いていらっしゃるのですが、動物に対する愛情は並々ならぬ人です。それも分け隔てなく。かわいいから、きれいだから、貴重だから愛でるのではなく、そんなことはまったく関係なく治療なさいます。だからいわゆる害獣のドバトやカラスとかを助けてやって上司に怒られたりもするそうですが…。
私も命に関わる学問を修めるなかで、生きていることそのものが不思議でいとおしいと感じるようになったのですが、師匠の熱意には頭が下がります。

こうして自分の大好きな人が有名になるのはうれしいことでもあるのだけど、あんまり知られて欲しくないなあ、一人占めしたいなぁという気持ちもあって複雑です。

9e655db8.jpg

師匠が連れてってくれたカルスト台地。

ちなみに師匠とそのダンナ様は二人とも大仏好きで、家の壁には息子の写真と、様々な大仏および観音様の写真がぺたぺた貼ってありました。 続きを読む

私が去年の夏実習させていただいた北九州市、小倉の動物園の獣医さんを私は心の中で勝手に師匠とお呼びしているのですが、師匠が今夜8時からの日曜ビッグバラエティという番組に出るそうです。
確かテーマが「名物かあちゃん」…。

確かに一児の母ではあるのですが、
かあちゃん…て感じではないです。

私にとってはお姉さんみたいな人で、弟しかいない自分にとっては「姉貴分」の存在ができたこと自体がうれしかったのですが、飾らない、でも本当に優しくてパワフルで素敵な方です。私が進もうと思っている世界に背中を押してくれた人でもあります。

会社、動物病院など3,4つの仕事+1年間の放浪生活の末、今の動物園の獣医として働いていらっしゃるのですが、動物に対する愛情は並々ならぬ人です。それも分け隔てなく。かわいいから、きれいだから、貴重だから愛でるのではなく、そんなことはまったく関係なく治療なさいます。だからいわゆる害獣のドバトやカラスとかを助けてやって上司に怒られたりもするそうですが…。
私も命に関わる学問を修めるなかで、生きていることそのものが不思議でいとおしいと感じるようになったのですが、師匠の熱意には頭が下がります。

こうして自分の大好きな人が有名になるのはうれしいことでもあるのだけど、あんまり知られて欲しくないなあ、一人占めしたいなぁという気持ちもあって複雑です。

2ee41f6b.jpg

師匠が連れてってくれたカルスト台地。

ちなみに師匠とそのダンナ様は二人とも大仏好きで、家の壁には息子の写真と、様々な大仏および観音様の写真がぺたぺた貼ってありました。 続きを読む

久しぶりにバンドで練習などしました。
音楽を聴くのも好きだけど、それだけというのは性ではないというか、
やっぱり楽器を弾くのが好きです。


練習の後、魂の底から尊敬するバンジョー弾きの後輩とバンドのマンドリン弾きさんと甘いものを食べに行きました。楽しかった♪
最近忙しさから溜まっていたいろんなモノが多少どうでもよくなりました。単純でよかった。いや、本当はどうでもよくないのです。でもまたがんばる気持ちになれました。
きっと私が今つっかえてる壁?はたいしたもんじゃないんです。ぬりかべさんだとかには遠く及びませぬ。

621dcd19.jpg


明日は中秋の名月だそうです。
空!
晴れろ!!


このページのトップヘ