きつねのよめいり

猫と音楽と絵と時々男の料理

台所にお水を飲みに行ったアズキがなかなか戻ってこないと思ったら、お日様の誘惑に負けていました。

mattari2
 
mattari
顔が怖い


多少暑くても日光を見ると浴びずにいられないのは猫だからしょうがないとして、猫も「もったいない」とか思っちゃうのでしょうか。

slipper
アズキは障害物に対してわりとギリギリで避けながら歩いたり走ったりする省エネな動きが多いのですが、今日は私の膝の上をジャンプしながら駆け抜けたところ、爪が掠って流血しました。私が。ギリギリセーフじゃ無かったよ、アウトだったよ。

kiri
 アズキは無傷でした。

ossan

おっさんのような格好で止まっているアズキ


人間の年に換算するともうおっさんと言って差し支えないのですが、つやつやしてるし、おっさんになってもかわいいなんて素晴らしい。 

窓を開けて風を入れると、アズキが窓辺にすっ飛んで来ます。10分くらいで飽きるのですが、ガラス越しと網戸越しでは気分が違うようで、周辺の監視業務に熱が入ります。

breeze
あったか~い

te

小さい頭で色々考えてるのか、ぼーっとしているのか。

* * * * *

今年は家の周りでなかなかウグイスが鳴きません。 ヒヨドリやシジュウカラ、メジロはよく来ているのですが。
そういえばガビチョウとコジュケイも鳴いていない。アオゲラは去年あたりから急に声を聞き始めました。
生き物の生息域や数の変化、変動はすべてが悪いものではないと思っていますが、 全体像が見えづらいものであるだけに、何が起こっているのかという不安があります。そしていたものがいなくなるのは単純に寂しい。

このページのトップヘ