きつねのよめいり

猫と音楽と絵と時々男の料理

遠方より来た友人は雪と冷たい空気を懐かしみつつ、寂しがりながら昨日帰ってゆきました。
来年からは私も彼女の住んでいるところにだいぶ近づきます。
札幌は寒いです、でも雪とか氷とかもぜんぶ好きです。離れることがわかっていると、よりいとおしいです。

* * * * *

 昨日は遠友夜学校でした。以前からお伝えしていたように、簡単に言ってしまえば市民公開講座です。お題、講師は毎回変わります。講師は北大の学生さんから教員、一般市民の皆さん、と色々です。
 卒論発表4日後の昨日、私も初講義、やってまいりました。私はブルーグラスの歴史と背景の講義にライブ演奏を交えて、というテーマで臨んでまいりました。プルトラビッチェの皆さんを引き連れて。
 発表という行為はよいとして、発表にあたってレジュメを作ったりだとか色々調べ物したりだとかにとても時間がかかるわけで、実はこの2週間ばかり、卒論発表前にもかかわらず着々と準備をしていたわけです。

 ので、最初は個人的にまわりにぶーぶー言ったりしていたのですが、昨日実際にやってみたらとってもいいライブができました。
 打ちっぱなしのコンクリートで支えられたガラス張りの近代的な建物に、床や天井はログハウス風に木が使ってあって暖かい雰囲気、照明は間接照明と白熱光のスタンドというとってもおしゃれな空間でした。しかもお客さんじゃなくて生徒さんがとても近い。音もよく響きます。最後には想定外のアンコールまで頂いてしまいました。
 そんなわけでバンドメンバーたちもかなり楽しめたようです。講義が終わった後にはお菓子や飲み物も頂きながら生徒さんたちとお話をする機会もあったのですが、元気をもらいました、などの言葉をいただき、逆に感激してしまいました。

 私たちが大好きなブルーグラスを、ブルーグラスが音楽だとも知らない人に聴かせ、その良さや楽しさを伝えたいというもくろみは成功したようです。楽しかった、の一言に尽きます。

 そして終わった後でマンドリン弾きさんにサンタのトナカイは全部♀だ、という豆知識を教えてもらいました。なぜなら…という部分で話がさえぎられてしまい、聞けませんでした。気になってます。教えて。
 あとうちの教授(遠友夜学校の校長)のことを、若干名のメンバーが「もじゃ先生」と呼んでいました。確かにうちの教授、ひげか人間か、というくらいひげなもので。

今日はもうすぐ遠友夜学校です。
ブルーグラスをちょこっとだけでも町の皆さんにいいなあと思ってもらえたらうれしいです。
今朝までうちにいた友達に、ほんとに先週卒論発表したばかりなのかと聞かれました。
私もそう思いました。

* * * * *

e7b9ae8b.jpg
ラハイナの花です。

 夜遊び行くぞと連れ出されて外に出たら満天の星空でした。あまり高い建物が無いので、星が良く見えます。

 ええと、よあそびとは心配していた「夜遊び」じゃなくて、「ちょっと星を見に散歩」、の意味でした。当然健全です。

 さらに建物から離れて海岸近くまで歩いていってみると、ほぼ周囲に明かりはなくなり、久しく見ていない素晴らしい星空が見えました。余市の吉田観光農園という、サークルでよく行っていた(台風で屋根が飛んだ)合宿所で見た星空もものすごくきれいでしたが、それ以上でした。天の川が見えました。
 昔はきりん座だとかのマイナーな星座も見つけられた天文少女だったのですが、わかりませんでした。早見板などが無かったのが悔やまれます。それでもオリオンは星雲まではっきりと見えました。
 南十字星も探してみたのですが、探し方の知識が無かったため、わかりませんでした。というより、とりあえず十字は作ろうと思えばいくつも作れてしまったもので。

 最初に流れ星を見つけたのは先輩でした。
 うれしそうな先輩と、むきになり始めた教授に挟まれて、私も流れ星、見つけました。お願い事する時間はありませんでしたが、見られただけでよいのです。

 そういえば昔、しし座流星群を弟と見ていて、すごく不規則に結構なスピードで飛び回る飛行物体を二人で見たのを思い出しました。あのときはUFOだと思ってたけど、最近は意外と近くを飛んでた虫に光が当たってたんじゃないかという疑念があります。あ、未確認だからUFOか。

 そんなわけで無事夜遊びから帰り、明日は発表という現実に戻ってまいりました。いよいよです。

 気が抜けてしまい風邪で調子が悪いですが仕事は多く休めません。今大学でちょっとしたまとめ役をやっているのですが、大勢をまとめるのは大変ですね。みんながその気を出すようケツをたたかなきゃいけない一方、その気になったらなったであちこちから注文が来るわけで。全部の注文に答えたいのは山々ですが、無理そうです。こうならないために約1年前から準備したりお知らせしてきたりしたんだけどな。

 そして昨日、また遠方よりお客さんがやってまいりました。本人の意向により正体は明かせません。今夜はうちでお泊りです。部屋が汚い。。。

* * * * *

 さて、風邪なんとかしたいものです。明日は営業じゃなくてボランティアの演奏があるので、声が変わらないようにがんばらないとなりません。
 小さい頃はよく母が作ってくれた「ねぎ湿布」というものを着用していました。使用じゃなくて着用。寝るときに、焼いたねぎ(一本)をガーゼで包み、それでのどをぐるっと巻くのです。効くのですが、自分も布団もものすごくにおいます。着け始めは結構つらかったように思います。
 一方、「大根ジュース」というものもありました。だいこんをはちみつ漬けにして、その汁にレモン汁を足して、お湯で割って飲みます。これはおすすめできます。ねぎ湿布は、あんまりお勧めはしませんが荒治療好きな人は試してみてください。
 あと、ねぎスープ。これでもかと刻んだ大量のねぎにしょうがをいれて、お湯かけて飲みます。好みでお醤油かお味噌を入れます。これもあんまり好きではなかったです。

 こうやって書いていくと、いかにうちの母が「ねぎは風邪に効く」と信じていたかがわかります。実際効きました。でもちょっとだけねぎが苦手になったのは母には内緒です。そういえばうちの実家の花壇にはねぎがたくさん植わってて、春くらいにはかわいいねぎぼうずが咲いていました。

 早く治したいです、風邪。おなかも痛いです。先週受けたインフルエンザのワクチンが悪かったのでしょうか。んー。

今日は卒論発表会でした。
2年間の成果と思いを7分間に詰めて発表しました。

presentation.bmp 私がこれまでやってきたのは、殺鼠剤に耐性を持った野生ネズミがでてきたので、その耐性機構の解明、ということです。その機構についてわかったことはまだ秘密なので触れられないのですが、まあ、新発見につき論文を2本投稿せざるを得なくなったのが事実です。

 ねずみからしたら薬で快適な生息環境が脅かされている、とんでもない事態なのでしょうね。でも私たちの生活圏と彼らの生活圏が重なっているのも、それゆえお互いに色々困っているのは事実です。ねずみは薬に対して耐性をつけるという形でふたたびこの環境に適応しつつあります。これに人間が新しい薬で対抗するのは一つの策ですが、いたちごっこの先が見えている気がしてなりません。駆除ではなく、侵入を防いだり、汚されたり齧られたりを防いだり、というアプローチによる住み分けが、意外と重要なんじゃないかな、というのが私の個人的な感想です。弥生時代の米倉庫にそんな建築様式がありましたよね。確か。

 2年間の間にはまったく結果が出ない時期もあったり、泊り込んでコンタクトなくしたり、と楽しくない思い出もありますが、やっぱりやってて良かったし研究も研究室も楽しかったです。だから今日は感慨深かったです。同期の普段やってることも今までずっと知らなかったので、今日は結局ほぼ全員分の発表を見ていました。午後とか、会場設営の準備までしました。発表者なのにウサギ

 ともかく、まず一山越えて気が抜けました。疲れを通り越して、眠いです。

明日はいよいよ卒論発表会です。
 会場でスライドの試写をしてきたのですが、私がこだわって選んだフォントが共用のパソコンでは表示されませんでした。ポスターもスライドも、発表はデザインを含め芸術だと思っているので、不満です。
 でも発表そのものは楽しみになってきました。
 なんだかのどが痛いです、早めに帰って今日はゆっくり寝なければ。

* * * * *
 
 学会3日目、午前中はいろんなシンポジウムを聴いたりポスターを見たりして過ごしました。企業のブースもたくさんあって、よく知っている製薬や機器メーカーが宣伝などをしていたのですが、どのブースでもお菓子やおもちゃを配っていました。
 企業名が入ったフリスビーやペン、飴などなど…。なかには、しろくまのぬいぐるみを配っているブースもあって、実はすごく欲しかったのですが、荷物増えるし、うちにはいっぱいぬいぐるみがいるから…とあきらめました。
 ちゃんと話も聞かずにもらうのも悪いなあ、と思いお菓子もあえて受け取らずぶらぶら歩きながら見ていたのですが、うちの教授がかごに入ったチョコレートを実にさりげなくしかしぐわっと掴んで持っていくのを見てしまいました。飾らないとはこういうことです。

 そして午後からは先輩が起こした事故の現場検証です。「たぶんここ」という場所まで走り、辺りの様子を写真に収め、住所を記録してレンタカー会社まで行きました。
怒られるかな、と思っていたら、意外とあっさりでした。
 「別の車を用意するから」と言われ、駐車場へ向かいました。が、そこにとまっていた車たちも相当なもので、ナンバープレートが曲がっていたり、側面がへこんでいたり、ちょっとぶつけるくらい実は日常なんじゃないかと思える光景でした。て言うか、修理しないの?という疑問も。
 新しい車もへこんでいました。しかも乗るとやたらぎしぎし言っていました。重い人が乗った時、どこかのばねが壊れたのではないかと思います。

 無事車も交換し、帰りにショッピングモールに寄りつつキヘイに戻りました。コンドミニアムの壁にヤモリ(ゲッコーと呼ぶらしい…)がいました。かわいかった。

a2a8e641.jpg
にんじんケーキを買いました。

 次の日は学会最終日、かつ私たちのポスター発表の日です。むしろこのために来たのでした。持ち物を準備し、次の日に向けて早めに休もう…と思っていたら、教授が突然、
「おい、夜遊びに行くぞ」。




よあそび?

このページのトップヘ